スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさとイトカワ

 6月13日頃、小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還する予定です。

 この「はやぶさ」という探査機、実は小惑星「イトカワ」に着陸して表面の砂や石を採取して、再び地球に帰ってくるというすごい探査機なんです。 成功すれば月以来の他天体からのサンプル採取となります。 
 
 このイトカワという小惑星、大きさが500メートルぐらいで、地球~火星軌道辺りを回っています。 将来的にはどこかの惑星に激突する可能性があるそうですが、地球との衝突確率は100万分の1ぐらいだそうです。


イトカワ
小惑星「イトカワ」(JAXAより)
こんなものが宙に浮いて漂ってるんだよ? 不思議っていうか、神秘的だと思いませんか? でもさあ、この形って何だかナマコに似てない?(^^;;

 この小惑星に探査機を接近させて着陸させる、実はものすっごく高度な技術が要求されます。 探査機に電波を送っても届くのに10分以上かかるので、地球からカメラの映像を見ながらリアルタイム制御ができないんですよね。 あらかじめプログラムさせておいて動かすしかないわけです。 イトカワの重力は地球の10万分の1、着陸速度が速すぎるとそのまま跳ね返されてしまいます。 
 
 と言って、着陸寸前に逆噴射をしてしまうと、イトカワの地表がロケットのガスで汚染されてしまって、サンプルが採取できなくなってしまいます。 
 
 また、この重力だと太陽からの太陽風の影響も大きく、何もしていないのに太陽からの光(光の圧力)で探査機の軌道が変わってしまいます。 ですので、イトカワに着陸させるのは至難の業なんです。。。



影が見えます
イトカワの地表にはやぶさの影が見えます(JAXAより)

 ミリ単位の驚異的な軌道精度で何とか着陸させたのですが、直後に異常な動きをし始めたそうです。。。 原因は着陸前に障害物があったので、はやぶさ自身の判断で軌道修正して、その時に少し傾いた状態で着陸したみたいなんです。 で、このまま上昇すると危険と自分で判断してそのまま完全に軟着陸して30分ぐらいイトカワの地表に着陸していたそうです(^^;(本来の着陸予定時間は数秒です)

 至難の業で何とかサンプルを採取できたのですが、次に4機中3機のメインエンジンが故障してしまって、地球に帰還できなくなってしまったんです(>< しかも、漏れた燃料ガスによって探査機の姿勢が乱れて制御不能になり、音信不通になってしまったようです。。。

 でも、奇跡的に電波をキャッチできて現在位置を確認することができました。 が、肝心なエンジンが故障中・・・ でも、ここがすごいんですけど、各エンジンの動く部分を「つなぎ合わせて」エンジンを復旧させたんです(≧▽≦) 動く部分を「つなぐ」ってどうやって?? 人が乗ってるわけじゃないんだよ? 私も設計をやりますが、ここ! ここなのよ!(≧▽≦) 「もし何かあったら」という設計、設計者としてはすごく大切なんです。 使われる事がないに越したことはないのですが、いざという時のために用意しておくことが大切なのです(^^ 

 傷を負いながらも何とか地球の近くまで戻ってきて、もうすぐ地球に戻ってきます。 無事に帰還して欲しいですね(^^

 はやぶさの搭載されているエンジンは「イオンエンジン」と言ってプラズマエンジンの一種になります。 この種のエンジンは推進力は弱いのですが時間さえかければ燃焼型のエンジンよりもスピードも出せますし、燃費(比推力)が格段に良いです。 ですので太陽系外に飛んでいくようなロケットには非常に有利になります。 
 
 

 で!! 先日新聞で見たのですが、私が通っていた大学で人工衛星打ち上げを目指して設計開発を行っているんです(≧▽≦) 電気推進ロケットエンジンを搭載した衛星で、パルスプラズマエンジンになるそうです。 エンジンの推進力の試験や、壊れるまでの耐久力試験も実施されるそうです。 成功すれば日本の大学初の電気推進ロケットエンジンを搭載した自力で軌道修正できる衛星となります(^^

 衛星軌道は北極と南極上空を回る縦周りの軌道になるようで、今年の夏頃に打ち上げ(相乗りで打ち上げ)される予定だそうです~
 
 いいなー!(≧▽≦)o 私が在学していた時にこういうことやって欲しかったよー(>< ・・・最近本気でこういう仕事に就いてみたくなってきたんだけど(ボソッ



 私、長い間図書館に行ってなかったのでかなり久しぶりに行ってきました(^^ みなさん図書館って利用します? 私は高校・大学の時は学内の図書館をよく利用していましたが、市立図書館は交通の便が悪くて行ったこと無かったんですよね(^^; 

 行ってみると科学書とか天文書がいっぱいありました(≧▽≦) 買うと高い天文書も置いてあって暇さえあれば(あるのかな?^^;)通ってもいいかもです(^^ 
 
 で、色々見ているとこんな本がありました・・・

 うーん・・・

 これ、以前、会社でブラックホール云々で大討論会に発展してしまった人に勧められてた本なのですが。。。 内容は2036年よりタイムマシーンで軍事目的で1975年に行って、元の時代に戻るときに2000年に立ち寄ったという人のお話(実話)なんだけど、私、こういう本は信用しませんw(だって、オカルト系な内容だし) 読んでいて途中で飽きてしまいました(^^;; 私としてはお勧めできません・・・

theme : 科学
genre : ニュース

comment

Secret

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

リンク

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。