スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ帰還

 6月13日(日曜)の夜に小惑星「イトカワ」に着陸した探査機「はやぶさ」が地球に帰還しました(^^ ニュースとかで見た人も多かったかもしれませんね。
 
 7年もよくがんばったね(><
 「はやぶさ」最後の雄姿(><
 
 私はネット中継で見ていましたが、光り輝きながら落下してきた時、思わず涙が出来てきました(>< だって、予定より大幅に遅れて7年もかかって、しかも機体は限界を超えてボロボロ、地球に戻ってくるのは絶望視されていたのに、必死の思いで帰ってきたんだよ?(>< 私が設計者だったらこの映像見た瞬間に苦労とか思い出して大泣きでそのまま泣き崩れたと思います。 設計した人たちはこの映像をどういう思いで見たのでしょうね?
 
 
 地球に帰ってくるまでに2回、本気でもうだめかと思ったそうです。 1回目はイトカワ離陸後に音信不通になったとき、2回目はエンジンが故障した時だそうです。 
 
 暗黒の大宇宙で音信不通というのは太平洋の真ん中で遭難するよりも発見するのが難しいと思います。 しかも2ヶ月間も。。。 このプロジェクトはもう終わったってみんな思っていたそうです。 奇跡的に電波をキャッチできて姿勢を立ち直して地球に帰還させたそうです。
 
 でも、すぐにエンジンが故障。。。 漂流してそのうちどこかに行ってしまうはずだったのですが、もしもの時のために用意していた回路を駆使して4機中のうち2機のエンジンを復旧させて、ギリギリ地球に向かって加速できるようになったそうです(><

 しかもスケジュールが遅れたことで設計寿命を大幅に超えてバッテリーも空、姿勢制御もままならず、エンジンもいつ止まってもおかしくない状況でボロボロになりながら必死の思いでコントロールして地球に再突入させたんですよ(>< ほんとにあきらめずに最後までやり抜くって大切な事なんだね(>< (あぁ、書いてて涙ぐんできたよ>< 最近涙もろくなったわね・・・)

 このイラスト、何回か見かけたんですけど、カワイイ(≧▽≦) どなたが描いたんでしょうか??

 おつかい(^^;


 カプセルも無事に回収されたのであとは砂が入っていればいいですね(^^ 


 NASAですらやった事のない、本当に人類の偉業を成し遂げたのに、なんでテレビが生中継しないの?? 分けのわかんない番組ばっかりやって。。。 価値が分かってないっ!(><#

 はやぶさの2号機の計画があるのに、事業仕分けで計画が進められずにいます(><# 本当にあり得ないです! どれだけすごい事やろうとしてるのか分かってない。。。  あんな茶番劇に巻き込まれてかわいそうです>JAXA  私はこの政党には絶対に票を入れないです(><# 
 

theme : 科学
genre : ニュース

comment

No title

きょう(14日)特ダネで取り上げてるのを見たよー(テレビっ子

2回音信不通になって予定航行(?)の10倍の距離を漂ってたとか。
普通あきらめるはずなのに
あきらめなかったチームの執念深さ忍耐力に感服w
最後に地球を撮影した写真とやらを見て感慨深いものはあったけど
最初からプロジェクトを見守っていたわけでもないのでそれっきりの感想で
よく頑張ったねぇ~ごくろうさまーくらいな感じで
興味が薄い人の反応ってこんなもんだと思うのよ(爆
きっとよっちゃんの逆鱗に触れそうだけど(笑

確かに今回の件では日本は凄い事をやったのかもしれないとは思うけど
事業仕分けに関しては今何が一番必要なのかというのを
検討していたりするので、わたしは是か非は言えないけど
経済復旧の方が先なんじゃない?と冷たいかもしれない事を言ってみる(´・ω・)

無駄過ぎる税金が宇宙開発(が無駄とは言ってないけど)以外でも
使われているわけだしねぇ
確かに子ども手当はどうかと思うけど子育て世代にはありがたいって聞くし(ry
まぁ、それが正しいかは分からんけどね・・・。

Re: No title

>ののちゃん
 本当に感動しました  あきらめない事って本当に大事よね(^^ まあ、私もあきらめが悪いのが売りなんですけどね(^^;


 事業仕分けなんだけど、宇宙開発は不要かどうかですよね? 今回の「はやぶさ」にしても金星探査機にしても「ああ、すごいね~」で終わるわけじゃないんです。 こういう事を成功させるというのは日本の宇宙技術がレベルアップするということです。 そうすると、海外から衛星の打ち上げを受注したり、衛星やロケット自体の設計・開発を受注できるようになるわけで、長い目で見た場合経済に貢献できるわけです。 宇宙を商用で使う時代が来ているので宇宙技術の確立というのは大切なことです。 

 今回の「はやぶさ」のエンジンのイオンエンジン、確かに故障しましたが設計寿命を大幅に超えた運用で耐久力の高さを証明出来ましたし、故障した際に動く部分をつなぎ合わせて運用が出来る、といったフレキシブルな面も証明出来ました。 しかも、今回60億kmも航行してきて、消費した燃料はたったの66kgです。 こんなに燃費のいいエンジンって他にありますか? 今後はこのエンジンの技術を海外に売り込んでいくそうですよ(1機当たり20億円でしたっけ?)

 他にも、商用衛星はニュースになっていませんがかなり打ち上げられています。 また、月の資源を有用活用しようという動きが活発になってきているので、先行して技術を確立しておかないと実際に運用が始まった時には時すでに遅し、といったことになり兼ねません。 後から参入して資源だけもらえると思いますか? 宇宙開発って他の惑星に行って単なる自己満足じゃない、という訳です。


 衛星やロケット開発って莫大な費用がかかります。 大企業とはいえ持ち出しで開発するのはそう簡単なことではありません。 今回の「はやぶさ」ですが、衛星本体だけで開発費が100億円だそうです。 ですのでどうしても国からの補助がないと開発が出来ないわけです。 

 なのに目の前の利益だけでどうしても見られてしまうのか、事業仕分けの対象になっちゃうわけですよね。。。 私、仕事で「3年先、5年先のことを考えて仕事して」ってよく言います。 とにかく目先のコストダウン、ということにとらわれすぎた結果が今の日本です。 もうちょっと先のことを考えてほしいです。

 子育ての育児金、結局公約通りになっていません。 ここの政党ってすごいいい事ばかり言ってるな~、財源はどうするのかな~と思っていたら、やっぱり破綻ですね。 こういう言い方するとアレですが、キレイ事だけじゃ世の中は通用しません。 キツイ言い方かもしれませんが。。。


 ちょっと真面目なレスになっちゃった(^^;;
Secret

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

リンク

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。