スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイズ番組

ここ1ヶ月ぐらいほぼ毎日終電で帰ってきている気がします。。。
休みの日も出勤したりしているのでかなりきついです。
もう山は越えるはずだからもうちょっとがんばります・・・


地デジの普及率が90%越したらしいですね~
と言う事は私は10%に入っている訳ね(^^;;

そんなテレビ見ない私ですが最近多いと思うのがクイズ番組。
友達の所に行くとテレビが付いているのでたまには見ています。

「そんな問題すでにクイズじゃないよw」的な問題が多いですよね(^^;
知っているか知らないかだけの問題。
見たこともないような難しい漢字を見せて「何って読むでしょうか?」とか。
考えて分かる事じゃないよね?(^^;


以前にクイズ番組を前相方さんの所で見ていた時なんだけど
それ、間違ってるんじゃ・・・ というのがありました。


車をジャンプ台でジャンプさせていたんだけど、ジャンプ台を
車の方にすごいスピードで動かせば飛距離が伸びるか、というのが問題で、
実際に車を使って実験していました。

車とジャンプ台を取り付けたトラックが同時にスタート、
車はものすごい高さに上がってジャンプしたんだけど・・・
車のような長さのあるものって変に回転するので
見た目飛距離が変わったかどうか判らなかったのよ(^^;

結果として飛距離は変わらないということになっていたんだけど、
実験の結果だしまあいいか(^^; と思っていましたが・・・
その後の解説、口頭レベルでサラッと一言だったんだけど、

「ジャンプ台を動かしても飛距離は変わらないそうです」

えーw これ、間違っていませんか?
ジャンプ台の斜面からは上方向にも力がかかりますが、
車の進行方向の逆方向にも力がかかりますので、
当然車の速度は落ちます。
ただ、上に上がる高さが増えるので何となく飛距離は
変わらないようにも思えます。

だけどジャンプ台の速度がもっと速くなると
車の速度が0とか逆に動き始めます。 どう考えても
飛距離変わりますよね? 私、勘違いしていますか?(^^;;


あれだけクイズ番組ばかりやっている訳だから
答えが間違えている事もあるよね、きっと(^^;


「そんな細かい事、いいじゃん・・・」
と思うかもしれないけれど、ちょっとした間違いが原因で
ず~っと悩む事もあるんですよ?


私、小学生の時なんだけど、理科で電池と豆電球に関する授業の時、先生が

「電気はプラスからマイナスに流れます」と。

私、なるほど~(^^

さらに先生、

電流はマイナスからプラスに流れるんだけどね・・・」

サラッと追加の一言・・・

私、これをしっかりと記憶していたのでその後の電気関係の所で
ものすっごく悩んでしまいました(中学になって親から訂正されましたw)。
だって、「電流がマイナスから流れるから
ここの電圧は・・・ あれれ、答えと違う(><;」という感じで。。。

多分、先生は「電流」と「電子」を言い間違えたんだと思うんですよ。
「電子」はマイナスからプラスに流れますからね(^^;
先生がはっきりと「電流」と言ったのは間違いないです。

こういう何気ない間違いが原因でつまずく事があるので
クイズ番組の間違いって気になります。
このブログも私の記憶に頼って書いていたりするので
間違いがあるかもしれません・・・ もし間違っていたら
教えてください(^^;



さて、ここまでが前置きなのですが(長っw)、
昔に中学か高校入試の理科の問題でこういう問題が出題されました。


太陽系と星座
(図1)太陽系と星座

(問題)図1で地球から見て火星は星座A~Hのどこに見えますか?



さてさて、どこに見えるでしょうか?? 考えてみてください。






地球から火星に線を引っぱって、その延長の星座なので
「星座B]ですね。

火星の見える方向?
(図2)火星の見える星座

・・・この時の入試問題の正式な回答も「星座B」だったんです。

でもね、私のような天文ファンから異論が出たんです。
「答えは星座Aだ!」と。
なぜだか解ります??


実はこの図、太陽系と星の距離とのスケールが全く合っていないんです。

太陽系の大きさは確かに大きいですけど、光の速度なら
端まで行ってもせいぜい数時間レベルの大きさです。

ところが星までの距離って光で行っても一番近い星でも4年以上、
普通は数10~数100年もかかるような遠い所に存在します。

図1の地球軌道の半径が問題用紙上で5cmで描かれていた場合、
一番近い星(4.3光年)までの距離は13.5kmも先になります(^^;
なのでスケールが全く合っていません。
書き直すとこういう感じになります。

実際の太陽系と星座
(図3)本当の太陽系と星座

この図を見て解った人もいると思いますが、図1のような図で
見える星座を解く場合、

1.地球から火星に直線を引く
2.その線が太陽の中心を通るように平行移動する。
3.その線の延長した先が実際に見える星座

という手順が必要になります。 間違えないで下さいね(^^

本当の火星の見える方向
(図4)本当の火星の見える星座

多分、この問題は地球が火星を追い越した時に
星座がどこに見えるかを答えさせたかったと思うんです。
惑星の動きって順行と逆行がありますからね(^^


順行と逆行
火星の逆行(Stella Theaterによる

これは外惑星(地球軌道より外側)に起こる現象で、
地球が惑星を追い越す時に起こります。
水星と金星の内惑星では起こりません。

はるか昔、天動説が主流だった頃は惑星のこの動きの説明が付かずに
「周転円」というものを考え出したようですが(^^;
この辺の事に関してはまたの機会に(^^


結局、この問題の回答は「星座A」でも正解になったそうです(^^
最近の入試問題で似たような問題って出題されているのでしょうか?
もし出題されていたとしたら、回答はどうなっているのでしょうか・・・
教えて欲しいです(^^;


theme : 宇宙・科学・技術
genre : 学問・文化・芸術

comment

No title

今日はめっちゃ寒いじょ・・・

よっちの部屋に地デジテレビが来るのはいつの事やら(;´Д`)

クイズ番組多いよなーw どーでもいいようなクイズ多いのは確かやし。
見たところですぐ答え忘れてしまうしなw
よっちもちょっとぐらいテレビ見たほうがいいよー って帰ってくるのがそもそも遅すぎなんだよな(;´Д`)
愚痴ならいつでも聞くからスカイプに って遭遇すら出来ん今日この頃・・・

最近のよっちの記事、難しいじょ(;´Д`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いつもやったら忙しくても即レスくれるのにどうしたんや?
何かあったのかい?
仕事忙しいだけやろか・・・

No title

うち、もう寝るおー(;´Д`)
一体どうしたんや・・・

Re: No title

>エリちゃん
本当にごめんなさい。 色々あってレス遅くなりました。

この所はネットどころかパソコンも付けていなかったから。
この週末はネットに繋げるから。
今日はもう寝ちゃったかしら?

>最近のよっちの記事、難しいじょ(;´Д`)
もうちょっと気の利いた内容も盛り込むように考えるね。



>コメント頂いた方
レス遅れてごめんなさい。

そうですか・・・ そういう人も出てくるとも思いましたが。

人それぞれ考え方の違いや好き嫌いもあります。
自分と考え方が違うからと言って排除するのは一番楽な方法だと思うんです。
こういう事する人は仰る通り精神的に未熟な人だと思います。

特に注意とかしなくていいですよ。
そこまで気を遣わせる訳にはいきませんので。

わざわざご丁寧にありがとうございました。

Secret

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

リンク

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。