スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火星の日食と風景

自転車の事故がここ10年で3.7倍に増えたそうですね。
しかも人とぶつかっての死亡事故も多いそうです。
街中で見ていてもこれはうなずける数字です。
私も何回も自転車にはねられそうになりましたし・・・

赤信号でも猛スピードで全く気にせず突っ込んでくるし
後ろからすれ違う時もほんの10センチぐらいのところを
猛スピードですり抜けて行きます。
後ろからのすり抜けで自転車の風圧を感じるって本気でびっくりします。

ちょっと前、青信号で渡っていたのですが、ふと右を振り向くと
赤信号なのに猛スピードで自転車が突っ込んできました(><
絶対にはねられるっ(><# と思ったのでとっさに足を踏ん張ったんだけど
変に踏ん張ったので足首を捻ってしまってその日1日は歩くのも困難、
2~3日は駅の階段の昇り降りも辛かったです・・・

こんなの接触していないけれど事故だよね? 足を踏ん張っていなかったら
100%はねられていました。 だって、踏ん張って避けても
腕のギリギリの所を横切っていきましたから。


免許もいらないし気軽な乗り物だけど、モラルを守って乗って欲しいです・・・



NASAの火星探査車が衛星フォボスによる日食の様子を観測しました(^^

火星での日食
火星の青い日食

日食の時間はわずか30秒程なのですが、このビデオはNASAのHPにアップされています。
重くて繋がらない時が多いですが(^^;

フォボスと言う衛星、大きさが約20kmの岩の塊です。
ただ、高度は下がってきていて将来的に火星に激突するそうです。
(もしくは潮汐力で粉々になります)


フォボス
フォボス


火星の日没
こちらは火星の日没の写真です。




・・・この写真を見て「あれ? 何か雰囲気が違う・・・」
と思われた方いるかもしれません。


夕焼けって赤くなかったっけ・・・?


地球の日没時、夕焼けは赤くなりますよね?
でも、火星の夕焼けは実は青くなるんです・・・


日没の場合、太陽の光は大気をかなりの距離を通過してきます。

地球の大気は濃厚なので青色をよく散乱します。
なので昼間はその散乱光が見えて空が青く見えます。
しかし夕日では青い光が散乱(無くなって)することで
残った赤い光が私達の目に入ってくるので赤く見えます。


で、火星の日没なのですが、火星の大気は地球の1/100以下です。
その為、光の散乱が起き難くなっています。
その代わり、大気が非常に埃っぽく、この埃が実は赤色の光を散乱させます。
なので、夕日は赤の光が届かなくなるので青い夕焼けが見えます。

何だか不思議な感じですよね、青い夕焼けって(^^;



昔公開された火星の地表写真、こういう感じのを見たことある人
多いんじゃないでしょうか?

昔の写真

赤茶っぽくて、空も赤く染まっています。
私達の火星のイメージってこういう感じじゃありませんか?


だけど、最近公開された写真は全く違った風景でした・・・


今の写真

これ、地球の砂漠かどこかの写真じゃ・・・

と思われるかもしれませんが、これが正しい画像だそうです。
どう見ても地球上の写真にしか見えませんよね?

着陸船
遠くに着陸した探査機のパラシュートが落ちています。


火星の風景1
こちらはパノラマ

こちらは壁紙サイズに出来る大きいもの(NASAのページ)
一度読み込んで地表の様子をじっくり見てみて下さい。

どうしてこういうことしたんでしょうね? NASAって。
説明によると、写真は1回で撮影できなくてR,G,Bの三色に分けて
3回撮影されます。 それを地上で合成するのですが、
合成の仕方でこうなったみたいなのですが・・・
(合成するためのコード?は隠されてきたようです)

アマチュアの方々が合成をやり直して公開するようになってきて
NASAも訂正した写真を出すようになったらしいです。

私の考えなんだけど、もし昔に色の正確な写真を公開したとします。
すると周りからは「本当に火星に行ったの? その辺の砂漠の写真じゃないの?」
と疑われたように思います。 アポロの月面写真ですら捏造と疑われていましたし。

なので、赤く見える火星だから空も何もかも赤い方がそれっぽく見えて
疑われないからこういう写真を出したのではないでしょうか??

でも、上の夕焼けのところでも書きましたが、火星の大気は
赤色をよく散乱します。 すると空は赤くなるような。。。

どちらが正しいのでしょうか??

theme : 宇宙・科学・技術
genre : 学問・文化・芸術

comment

No title

こんにちは。

お怪我は大丈夫でしょうか?

自転車、確かにヒヤリとさせられることが多いですね。
特に携帯片手に自転車に乗っている人や、お喋りに夢中な学生さん。
一昔前より、歩行者との距離が近くなっている気もするし、ブレーキングも急な気がします。
自転車事故の場合、殆どが泣き寝入りになるだろうから、もらい事故は出来るだけ避けたいですね。

火星のイメージ、トップの赤茶けた写真のように思っていたら何と!という感じです。
まるで狐に摘まれているような気がしますね。
赤茶けた星から、澄んだ藍色の夕焼けを眺めるのも良いなと感じたので、びっくりです。
出来ればイメージ通り赤茶けた感じでいて欲しいです。

No title

チャリはマジで怖い(;´Д`)
車乗ってても信号無視して飛び出してくるし。
あんなん跳ねても車が悪いんやろね・・・

信号無視で思い出したんだが、高校の時に信号無視の車にマジでひき殺されるとこやったんやけどね(;´Д`)
高校は隠れて原チャリで行ってたんやけど、赤信号で先頭で止まってたんよ。
横切ってる道は4車線ぐらいある広い道なんやねんけどね。
青になったから動き出したんやけど右の方に何か感じて振り向いたら信号無視全開の車がうちのすぐ横まで来てて・・・ 止まりきれんとかやなくてブレーキもかけんとそのままの勢いで突っ込んで来てたんだ。マジで当たる!って思ったんやけど、うちのすぐギリギリ後ろを通り過ぎて行って助かったんやけど・・・
そやねんけど、うちのすぐ後ろを走っていた原チャリを跳ね飛ばしたんよ。
バイクも乗ってた人も10メートル以上跳ね飛ばされて人もぐったりして動かんし、車の運転手も車から降りて呆然として立ってるし・・・

この時だけは本気で怖くて震えて動けんかったし、時間が止まった感じがしたよ。
バイク乗ってた人はここでは書けんような状態やったし今でもこの場面は頭に焼きついて離れんよ。横の信号が青になってクラクション鳴らされるまで我に返れんかった。

ほんのちょっとタイミングがずれてたらうちが跳ね飛ばされて死んでたかもしれんのよね。そやからこれの後は青信号でもしっかり安全確認して走るようにしてるよ。

よっちも車乗る時多いやろうけど、青信号を過信せんようにねー。


火星の日食とかって青くて変な感じやな(;´Д`)

Re: No title

>小我 怜さん
かなり前ですので足は大丈夫です(^^
ただ、これ以降も何回もはねられそうになっていますが(^^;
携帯触りながらの自転車は危ないですよね・・・
もう少し周りを気遣って乗ってもらいたいものです。

火星は赤茶けた空なのか青い空なのかどちらなのでしょうね?
近い将来に人類が火星に行く可能性が高いので
どちらが正しいのかその時に分かりますね~



>エリちゃん
車乗ってても車道に飛び出してくる自転車多いよね・・・

エリちゃん、あなた九死に一生を得たんだ・・・
それ、本当に怖いよ。。。 バイク乗っていた人ってどうなったのかしら。


運転気をつけてても相手から来る時はどうしようもない時あるよね。

実家の近くの住宅の道も見通しが悪くて危険な所があるの。
私が走っている方が優先道路なんだけど、横切っている道もその交差点までは
優先道路なのね。 住民は良く分かっているので注意するんだけども
初めて走る人は勘違いしてそのまま行っちゃうのよ。。。

何回も私の目の前をノーブレーキの車が横切っていきました。
一回はそのままの勢いで右折してきて急ハンドルで避け切りましたけど
さすがに止まって文句言ってやろうとも思いましたが
変な人だったら嫌なのでしませんでした(^^;


あとは右を走っていた車が抜かした目の前で大事故を起こしたり、
夜中走っているときに後ろを走っていた車、
実は居眠り運転してて事故したりとか。。。
(赤信号で止まる時に私は車がいない車線に変わって止まったんだけど
その車、そのままの勢いで止まっている車に追突しました・・・)

気をつけないといけません。。。

No title

こんな古い記事に書き込んだりしてすみません。
私の子供のころの記憶に突き刺さる内容でしたので思わず。 

どんな記憶かと申しますと、宇宙について扱ったテレビ番組を観ていたのですが、米国政府が火星への人類移住計画を進めている可能性があるという...あっ、いま鼻で笑いましたか?(笑) 
まあ学術的な価値は低くとも印象深いものではありました。

その説の根拠の一つとして取り上げられていたのが今回アップされていた、色合いの異なる火星の写真だったのです。

番組によれば、初めてNASAが火星の写真を公表した時は地球の風景のようだったと言います。
ところが、取材に来ていた記者が「人が住めそうに見えるが」という主旨の質問をしたとたん何故か狼狽して写真を引き上げ、日を改めてよく知られる赤みがかった写真を発表し直し、「画像処理にミスがあった。こっちが正しい」と説明したとの由。

で、NASAが正しいとする写真はわざわざ赤いフィルターでもかけたようであり、先に発表したほうが自然に感じる。これは米国政府が秘密裡に移住計画を進めるため、殊更に火星が生存に適さないように見せかけているのだ...という主張につながる訳です。

迂闊にも最新の資料による火星の風景がこんなことになっているとは知らず、私の中では火星は赤っぽいままでした。
件の番組、荒唐無稽な結論に飛躍してしまったとはいえ、地球の風景と変わらないような写真のほうが本当の姿なのではないかという憶測は当たっていたことになります。
NASAも月へ行ってないんじゃないかと言われてみたり火星移住を目論んでると疑われてみたり、なかなか大変です。


よっちぃさんはお忙しいのに、こんな下らない話につき合わせてすみません。このコメントは承認せず削除して頂いても結構ですよ。

Re: No title

>市蔵様
古い記事でもコメント歓迎ですよ(^^

人類移住計画、そういう見方もあるんですね~
ですが、惑星を改造するテラフォーミングという技術は
開発中なんですよ?

火星に植物を持ち込んで数100年かけて人が住める環境に
変えていこうとしているみたいです。

それに必要な建物も開発中とか。竹中工務店? 大林組でしたっけ?

有人探査計画も進んでいて、宇宙飛行士のテストも
行われています。そのうち、火星に移住する日も
来るかもしれませんね(^^

火星の写真ですが、火星探査には莫大な費用がかかっています。
技術的にも相当難しく、写真を公開しても本当に火星の写真かどうか
疑惑が持ち上がってしまいます。
しかもこの時期、アポロの月面写真が捏造じゃないかって
騒がれていましたし。

なので、火星は赤いというのはみんな周知の事実なので
公開した写真は赤を強調した写真になったようです。

確かに地球のどこかの砂漠っぽい写真を公開して
これが火星の地表です、なんて言われても
信じられないかもしれませんからね(^^;
Secret

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

リンク

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。