スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震。。。

アップする記事は出来ていたのですが、急きょ変更です・・・

ものすごい地震が起きたみたいですが、みなさん大丈夫でしたでしょうか?
相当の被害が出ているみたで、知り合いが近くにいるので心配です・・・


私はこの日は昼から外に出ていて、丁度地震の時は
サボって本屋にいた ある建物にいたのですが、
「あぁ、またひどい目まい・・・」
と思っていたら周りで「揺れてる~」って騒いでいたので
初めて地震と気が付きました。。。
1~2秒周期の大きい揺れでしたので、
目まいと勘違いしてしまいました。
震度3ぐらいだったらしいですが・・・

こういう時って私を含めてそうなのですが誰も逃げないんですよね。
急に揺れが大きくなるかもしれないから
早く避難しないといけないのですが、これは良くありませんね・・・

買い物をしているときに隣のビルが火災になった事があるのですが
この時も私も含めてみんな逃げませんでした。
煙も入ってきて煙たかったのですが
「買い物止めて外に逃げた方がいいのかな・・・??」
ぐらいの感じでした。
みんながいるから大丈夫?という群集心理かしら?

危機感ないですね、私。。。 身を引き締めないといけません。


東京の方では地震で家に帰れない人が大勢出ていますが
人事ではないんですよね。 大阪で大きな地震が起こったら
私も家に帰れなくなります。
こういう時は無理に帰らないほうがいいのでしょうか?



地震の起こる確率は100%なんですよね。
ただそれがいつ起こるか、ただそれだけです。

大きな地震というのは地球規模でプレートの移動を引き起こして
連鎖的にあちこちで地震が起こります。
この前ニュージーランドで大きな地震がありましたが、
1~2日前?には中国でも大きな地震がありました。

今回のこの地震が他の地震の引き金になる事もあり得ます。

騒がれているのが東南海地震や南海地震・・・
30年以内に起こる確率が70%近くあるとか。

これらの地震が起こった場合、私の住んでいる大阪は
相当の被害が出ると思います。
阪神大震災の時、部屋の本棚が倒れたりして本当に怖かったです。

揺れるのも怖いですが、津波も怖いです。
海岸ならば逃げる人も多いと思いますが、
海から何kmも内陸部の人はまさかここまでは来ないだろうと
思っているのではないでしょうか。

分かっているとは思いますが、
津波は普通の波と違って30センチや50センチでも
堤防を越えたり浸水したりの被害が出ます。
海岸に打ち寄せる普通の波とは訳が違います。


今回の地震が他の地震の引き金にならない事を祈るばかりです。。。

theme : 今日この頃
genre : 日記

comment

No title

地震、えらいことになってるね・・・原発も爆発したん?
うちの職場でも背の高い重機がめっちゃ揺れてて怖かったじょ。倒れてきて事務所直撃したらえらいことになるよな。揺れ方もよっちが言う様な大きい揺れやったし時間も長かったし、うろたえるだけやったよ。こうやって逃げ遅れるんやろね・・・
よっちものん気に買い物してる場合じゃ(;´Д`)
というか火事になったら速攻逃げへんか?色々と危機感なさすぎやぞ>よっち

阪神大震災のときはまだ大阪におらんかったから揺れを経験してないんやけど、聞いたところじゃかなりすごかったみたいやね。ケガとかせんかったん?

津波って実物見たことないんやけど50センチのものでもそんなに怖いん?地震の時にニュースでもよくやってるよな?20センチとかそれってどうなん?って思うんだが。よっち、説明してくれ(うちでも分かるようにw)

Re: No title

>エリちゃん
家に帰ってからニュース見てこんなに酷い状況だということが分かりました。
しかも内陸の方まで津波が押し寄せてすごい被害が出てるけど、
そんなところまで津波が来るなんて誰も思わないよね・・・
あちこちで火の海になっていたりして
こうなったら人の手ではなす術もないよね。。。


原子力発電所も爆発したみたいよね。
原子力発電は沸騰水型と加圧水型があるんだけど
今回爆発したのは沸騰水型で、放射能汚染された水を循環させて
発電しているので事故が起こったときに
放射能漏れが起こりやすいです。

記者会見で放射能漏れはほとんど無くて
格納容器は壊れていない、
爆発は漏れた水蒸気が原因で水素が発生して
それが爆発、と言っているんだけど、
その水素はどこから来たのか説明がありません。。。

水蒸気が分解されて水素が発生した場合、
その水蒸気は汚染された内部の循環している水な訳で
その時点で放射能漏れを起こしているんですよね。
しかも周辺住民の多くの方が被爆しているようですし。

原子力発電関係の事故の時の公式発表って毎回だけど
2転3転しているのが気になります。
事故と責任を認めたくないのでしょうが
正確な情報を公開するというのはどういう時でも大切な事です。



阪神大震災は本当に怖かったよ。 大きな余震も何回も来たし。。。
ケガはしなかったけれど、怖くて声も出なかったです。
友達で被災して家が全壊したりケガしたりした人もいて
こう言う事は二度と経験したくないです。



津波、普通の波じゃないのよ。。。
しっかり読んで理解してね。 大切な知識だから・・・

普通の波は波長(波頭と波頭との長さ)が短いのね。
波長と波高の関係で、確か波高が波長の1/7を超えると
波頭が崩れて白波が立ちます。

なので波高1メートルの波の波長は大体7メートルぐらいです。
防波堤はこの7メートル分の押し寄せてくる水の量さえ
耐えられれば波を防ぐ事が出来ます。

だけど津波の場合、波長が数km~100kmを超えたりもします。
たった数10センチの津波でもどんどん水が押し寄せてきて
行き場を失った水が簡単に堤防を越えます。

だから少しの津波でも絶対に逃げた方がいいです。
1メートルを超える津波の場合、間違いなく被害が出ます。
実際の津波を見た事ないと言っているけれど
絶対に海に見に行っちゃだめだよ(><


太平洋の水深が深いところでは津波のスピードは
時速700kmを超えます。 ただ、波長は100kmなどと長い割りに
波高はせいぜい数10cm~1メートル程度なので
船で走っていても気づかない事が多いです。

ところが、水深が浅くなってくると波のスピードが遅くなってくるので
後ろから来る水がどんどん追いついてきて
波の高さが急に高くなります。

また、地形によって(入り組んだ地形)は波が集中して
何倍もの高さになったりもします。


津波警報などが出て避難したのに結局何事も無くて
文句や苦情を言ったり損害賠償しろとか訳の分からない事を言う人が
いるみたいですけど、今回の津波の映像を見れば言えなくなると思います。

こういう映像は被災者の方々としては見るに耐えないと思いますが、
小さい時から学校でこういう映像をしっかり見せて
津波の恐ろしさを教えたほうが良いと思います。

No title

>原子力発電は沸騰水型と加圧水型があるんだけど
良く分からんが色々種類あるんや。てか、原子力でどうやって電気起こしてるんやろう?あまり気にした事なかったけど(;´Д`)
住民の人も被爆してたみたいいやし、ヤバい事になってるんじゃ・・・

>津波の説明
難しいけど危険な事は分かったじょ。海に見に行ったりするのはせんようにするよ(゚∀゚)


よっちっていろいろな事知ってるけど、原発の事とか波のこととか、こういう事ってどこで習うん?話とかしててもなんでそんな事知ってるん?て言うような事知ってたりするし。マジ感心するよ・・・

Re: No title

>エリちゃん
原子力発電ねえ。 何にでも疑問を持つのは良い事だよ(^^
ここで原子炉の詳しい事を書いてもアレだし
私も専門家じゃないので知っている範囲で書くね。


原子力発電はウランやプロトニウムの核反応で発生する熱で
お湯を沸かしてその蒸気で発電機のタービン(羽)を回して発電します。

核反応を起こすわけだけど、そのままだと反応が起こりすぎて
原子爆弾になってしまうので、反応速度を遅らせる
「減速材」というものが使われます。
一般的には「水」が使われます。


前にも書いたけれど原子炉には大きく別けて「沸騰水型」「加圧水型」の
2種類があります。

沸騰水型は燃料棒で直接お湯を沸かしてその蒸気を使って
発電します。 ただ、その水は放射能で汚染されやすいので
漏れた場合は放射能漏れにつながります。

加圧水型は直接お湯を沸かさずに反応した熱エネルギーを
一旦原子炉の外にまで引っ張り出して、そこでお湯を沸かします。
その「引っ張り出す」のにも水が使われますが、
ものすごい高圧をかけているので水が沸騰せずに原子炉の中を
循環しています。


発電に使用した水蒸気は再び水に戻すんだけど、冷やせば水に戻ります。
大量の海水を使って冷やすので海の近くに発電所が作られます。


高速増殖炉「もんじゅ」って聞いたことあると思うけれど
これは減速材を使わないので、事故が起こったときに
かなり危険な状態になる事があり得ます・・・


工学部出身の私としてはこんなものかな(^^;
今回の事故でここの発電所は解体(建替え)されるんじゃないかな?
相当古いんでしょ、ここって。 40年ぐらいって聞いたような。


>こういう事ってどこで習うん?
うーん、どこだろう?(^^;
習うわけじゃなくて、分からないと思った時に調べるクセが付いている
だけかな? 波の事は小学生の時に学研の「ひみつシリーズ」と言う本で
覚えたと思います。 うちには20冊以上あったと思うけど
何度も読み返していたよ(^^
マンガだけど書いていることはしっかりしていて良い本だと思います。
今もこの本あるのかな?

射流

 よっちぃさん こんにちは。
私のブログにコメント ありがとうございました。

 ネットのお友達のご無事を 心よりお祈りしています。

 1~2秒周期の大きい揺れだったので、私の周りでも 自分だけの現象と思った人が多かったです。
私は、震度1の地震でもすぐ反応するぐらい敏感なので、今回も地震だとすぐ分かりました。
揺れが長かったので、気持ち悪かったです。
私も、逃げることよりも すぐ机の下に隠れることを想像してしまいます。

 私は 歩いてなんとか家に帰れます。
よっちぃさんのように家に帰れなくなる方は、本当にどうしたらいいんでしょうね。やはり、無理に帰らないほうがいいのでしょう。
 
 東南海地震や南海地震・・・30年以内に起こる確率が70%近くあるらしいですね。
相当の被害が出るのが予想され、辛いです。
 それと津波 … 水深が浅くなってくると波のスピードが遅くなってくるので
後ろから来る水がどんどん追いついてきて 波の高さが急に高くなるんですね。
怖いことです。
 川の流れが、表面の速度と 表面より下の部分の速度の比(フルード数でしたかね)により 特徴が変わるのを連想してしまいました。

 ではまた。

Re: 射流

>コウさん
本当に長くゆっくりと揺れましたね(^^;
目が回ってきてよれそうになりました。

被災して家に帰れない人は無理に歩いて帰らないほうが良いと
言いますね。 疲れてそれが原因で2次災害に遭うかもしれないと。
まあ、距離が遠いので電車が動くのを待ったほうが良いかもです(^^;

南海地震は本当に怖いです。。。
阪神大震災より揺れるかもしれないですし、
生きている間に遭遇するかもしれませんね(><
紀ノ川の上辺りにも断層があって、小さな地震が結構起きています。
ここも地味に怖いです。

地震予知は出来るようですが、書き始めるとあまりにも
長文になるので書く時間があれば記事にしようと思います。
地震前に動物が騒いだり人間でも猛烈なストレスを感じたり(私です)
地震雲も結構科学的根拠があったりします。


>津波
波の速さは水深に依存しますからね(^^
ルートのg・hでしたっけ?
水の流れって2種類?ありましたよね? 名前忘れてしまいましたが(^^;;
水道の蛇口からの水が勢い良くシンクに当って広がる時に
少し広がった所から流れ方が変わって境目が出来るあれですよね??
違っていたらごめんなさい(^^;

ジェット機並みの津波ってすごいですよね・・・
いわゆるP波ですので密度の高い水の場合は
相当なスピードになります。
(水はS波は伝わりませんからね^^;)


川で思い出しましたけど(関係ない話ですが^^;)、
河口付近が遊泳禁止になっている所が多いですが、
なぜだと思いますか?
これは淡水の下に比重の大きい海水が潜り込んで
層が出来る事があります。
水面は穏やかでもこの層間で大きな波が発生する事があります。
泳いでいる時にこの層間の波に飲み込まれると
必死で泳いでも全然進む事が出来ず、そのうち疲れて溺れてしまいます。
昔、海坊主に足を引っ張られて引きずり込まれた、という伝説は
この辺りから来ています。

あとは離岸流が発生する事があるからでしょうか。
これに飲み込まれた時は焦らずに横方向に泳ぐと
すぐに脱出できます。 陸地に向かって泳ぐのは
全く無意味です・・・


・・・関係ないお話でごめんなさい(^^;;

Secret

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

リンク

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。