スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙に持って行くもの

会社についに辞める事を告白しました(^^
えっと… そんなに残念がるのなら
どうしてもっと大切にしてくれなかったのかなあ。。。
今更説得しても無駄ですよ?(^^;



さて、今回は宇宙のお話です(^^b


宇宙空間は地表とは比べ物にならないほど
環境が苛酷というのは聞いた事あると思います。

X線、ガンマ線などの放射線も強いですし、温度も太陽が当たるところは
摂氏100度を余裕で超え、日陰では摂氏マイナス100度を下回ります。

このような所に国際宇宙ステーションや人工衛星があったり
引退しましたがスペースシャトルが飛んでいるわけです。
ですので、搭載する機器というのはものすごく過酷な条件で
動作する事になります。

国際宇宙ステーション

以前にも記事にしましたが、私が設計して作ったものが
国際宇宙ステーションに行ってきました。
古川宇宙飛行士が実験を行って、故障せずに無事にデータも取れたそうです(^^

それまでに一番過酷な環境というと、南極に行った製品があります。
この製品で耐えないといけない点としては
南極観測船で行くために赤道を越えるときの
高温多湿・塩分、船の振動、あとは現地で動作させる時の極低温状態。
これにパスしないといけませんし、信頼性も要求されます。

ですが、国際宇宙ステーションに行くとなると
要求される事項はこの比ではありません。。。


故障すると人命にかかわる装置の場合、
何重にも安全策が施されています。
マイコンやCPUは基本的に3系統あり、計算結果を多数決して動作しています。

私が設計したものは人命にかかわりませんが、
宇宙活動というのは相当の費用がかかります。
宇宙飛行士さんの時間というのは本当に貴重なんです。
ですので故障したり調子が悪くなったりして
実験が遅れたり中止したりというのが許されません。

ですので、かなり厳しい安全基準というのが設けられています。


JAXAから頂いた資料をさすがにそのままアップする事はできませんが
問題なさそうなものをいくつか挙げてみようと思います。


宇宙ステーション内の密室状態で使用するので
使用している材料から有害物質やガスが発生してはいけません。
オフガス特性といいますが、身の回りのものというのは
温度が上がったり気圧が変化した時に様々なガスが発生します。

ほとんどの身の回りの製品はこの試験で失格になります。。。
当然、難燃性であることも求められます。
宇宙ロケット内部での火災ほど恐ろしいものはありませんから。。。

打ち上げ

次に打ち上げの時の振動に耐えないといけません。
激しい振動で中の部品が壊れたりネジが外れてしまいます。
ですので、振動を与える装置で激しい振動を与えてテストされます。

身の回りの携帯電話やパソコン、電化製品をこの試験機にかけた場合、
ほとんどのものはネジが飛んでいって(「外れる」ではありません^^;)
バラバラになって壊れます・・・

じゃ、ネジが外れないように接着すれば? とも思いますが
これをすると上の「オフガス試験」で引っかかってしまいます。
接着剤ほど有害なガスを発生させるものはありません。。。

当然、ガラスなど割れるものは割れた時に飛散しないような
対策が求められます。

リチウムイオン電池

他に危険なものとしては電池があります。
特にリチウム電池系はエネルギー密度が高いので基本的に使用できません。
また、充電も許可されません。
過熱して破裂したら大変な事になりますからね。。。


あとは放射線による誤動作や故障です。
宇宙ステーションの中は地上の10倍程度の放射線量です。
半導体に放射線が当たるとイオン化して特性が失われてしまい
故障してしまいます。 宇宙空間で核爆発させると
地表の電子機器が破壊されるって聞いたことがあると思います。
ですので、ある程度耐放射線性能が求められます。


宇宙に持って行くものは本当に厳しい安全基準があります。
船外で使用するものや人命にかかわるようなものの場合、
さらに厳しい安全基準があります。

こう考えるとロケット自身の製造というのは本当に大変な作業なんだなと思います。
ちょっとしたミスで人命が失われてしまいますからね・・・



前回の記事について・・・





前回の記事で維新の会の事を書きましたが、
すごい反響で驚きました。 1日100アクセス越しました…

維新の会の権力の暴走について人権無視の思想調査のアンケートや
教育基本法などについて色々書きました。

ですが最近、また権力暴走が明らかになりました。


大阪維新の会の議員が「口利き」を好き放題やっているらしいです。
中には脅しと取れるような酷いものもあります。
維新塾に来るような人は権力が欲しくて来る人が多いので
首長が誰であれ改革云々などはどうでもいいのです。
大人数の応募があったからといって思い上がっている場合ではありませんよね。

当の市長は「許していただきたい」だそうで、心から謝罪しているというより
形式的に謝罪している感じで、自分に尻尾を振る人には甘いです。
敵対する人が少しでも問題でも起こした時には
鬼の首を取ったかのように厳しく言うのにね。。。

権力が暴走するとすぐにこういう事が起こります。
おそらく氷山の一角です。 

大風呂敷を広げられると一度やらせて見ようという気になりますが、
成果が上がらないと一気に評価が下がってしまいます。
そのためにあまりにも改革を急ぎすぎて歪が出始めています。
弱者の意見を切り捨てるような事はしてはいけませんよね…?

theme : 雑記
genre : 日記

comment

No title

今更説得なんて無理やしw しかし会社もアホやねえ。もうちょっと大事にしておけは辞めずにバリバリ稼いでたのにw わずかな金をけちって稼ぎ頭を失うわけやね・・・

南極や宇宙ステーションに持っていくような装置を設計できるぐらいの頭の持ち主やのに、うちとあんまり変わらん薄給にはマジ驚きや(o´Д`) 堂々と転職していーよ(゚∀゚)

維新の会ってもうそんな悪徳な事やってるんか(o´Д`) テレビ出てても偉そうに喋ってるなーって思うよ。首相にでもなる気なんやろかw 日本沈没だけはならんように願いたいwww

Re: No title

>エリちゃん
私のお給料なんて会社の売り上げからしたらわずかなのに
そのわずかなお金をケチった事で辞めちゃうので
会社にしたら大損よね、きっと・・・
毎年、家が建つぐらい売り上げてるから
来年度はこの部の売り上げと利益、かなり厳しいでしょうね。

そもそも、世間並みに貰えていたら教員になるなんて考えも起きなかったから
きつい言い方だけど会社としては自業自得ですw
まあ、私がいなくなっても何とかお仕事回るでしょう、きっと(^^

南極や宇宙ステーションに行ったものの設計って楽しかったよ(^^
限界に挑戦! みたいな感じでw

維新の会、ちょっと選挙に勝っただけで国政にまで口出しもしています。
法律改正しないといけないって平然と言いますが完全な越権行為です。
勘違いもいい加減にして欲しいのですが。。。
権力を手にするとすぐに口利きとか天下りとか
どうしてこうなっちゃうのでしょうね?

教育基本法は10年前にアメリカで導入されています。
その結果、上は伸びましたが下はさらに悪化して
学力の2極化が深刻な社会問題となっています。
勉強するのもイヤという生徒が増えてしまいまい、
労働力の低下、さらには税収の低下、国力の低下につながりました。
この結果を知っているのでしょうか、橋下氏は。。。

維新の会についてはまた記事にしますね。

拍手コメントいただいた方へ

>拍手コメントいただいた方へ
かなり前にいただいていたようですが気が付きませんでした(^^;;

部屋の前から月や火星、土星を撮影したりしました。
ただ、土地柄かは分かりませんが、いつも気流が乱れていて
火星はただの赤いアメーバーのようで
とても惑星には見えませんでした(^^;;
(土星も同様でした。。。)

やっぱり山に行かないとダメみたいです。

4月から教員です(^^
楽しみでもありますが、不安もありますね…

Secret

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

リンク

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。