スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月21日は金環日食

忙しい日々を送っているよっちぃです(^^;


某所にもアップしたのですが、
太陽の写真です。

太陽

大きめの黒点がありますね~
上側の黒点を拡大したのが下の写真になります。
黒点周りの半暗部と白斑も見えます。

黒点の拡大

5月21日の金環日食の最終確認のために撮影しました。
あとは天気次第ですね。。。


さて。。。


5月21日は日本で金環日食が観測できます(^^
時間は観測場所で変わりますが、大体朝の7時半頃になります。

金環日食のマップ

本州南部を通っている青っぽい帯の部分が
金環日食を見ることが出来る所になります。
その他の場所では部分日食になります。

太陽がリング状に見える金環日食の持続時間ですが、
2分程度になりますので撮影される方は
事前に準備をしておかないと撮り逃してしまいます。。。


観測についての注意ですが、どんなに太陽が暗くなっても
そのまま目で見ないようにして下さいね。
太陽光には強烈な赤外線や紫外線が含まれているために
目の網膜が損傷してしまいます。

ですので専用の太陽観測用メガネを使って見てください。
間違っても普通のサングラスやガラスにススを付けた物や
黒い下敷きなどは使ってはダメですよ(^^;
有害な赤外線や紫外線を上手くカットできません。

専用の物以外のものの場合、見た目の光だけは弱くなりますが
これによって目の絞りが開いてしまって危険な赤外線や紫外線が
大量に目に入り、ダメージを受けてしまいます…


デジカメで撮影される方ですがレンズを直接太陽に向けてはいけません。
内部部品が焼けてしまって故障してしまいます。
撮影用のフィルターや太陽観測用メガネを通して下さい。


金環日食ですが、早々見ることが出来ません。
遠いところに行けば数10年後には見ることが出来ますが、
観測出来る所にお住みの方はぜひとも観測してみてください(^^

comment

リ、リンクを貼るんだ!
きっとありがたれるはず(`・ω・´)

Re: タイトルなし

>ののちゃん
リンク。。。 やり方がよく分からないの(^^;;
どうもこういうものを使うのは苦手ですね・・・

No title

すんげー
太陽撮影も面白そうですね。

しかし予算的に、、
お任せしました!!

No title

こっちではお久ねー

日食、朝の7時半やったら全然問題なしやな(´∀`)
そやけど何ちゃらメガネがいるんか・・・ よっち、クレーwww
よっちはめっちゃ楽しみなんやろね。写真上手くとれたら見せてねー

色々話聞いてるとセンセー大変みたいやね。すでに抱え込んで悩んでるみたいやぞ。責任感あるからなー、よっちは。抱え込まずにみんなに相談しなさいよ(´∀`)

Re: No title

遅くなってごめんなさいね(^^;

>kniさん
撮影するのはある程度の機材がいりますからね(^^;
日食の写真であれば厚紙に小さい穴をあけて
そこからの光を地面に映せば太陽の形が見えます。
これならデジカメや携帯でも撮影できます(^^


>エリちゃん
日食メガネ送ったよ~
天気が心配ね。。。

学校だけど確かに抱え込んじゃっているところはあるよ。
クラスが形成されてしまっている3年生をいきなり教えるのはなかなか難しいです。
一部の生徒が騒いだりするけれど、新任の私の言う事をきかなくて
どうしようもない時があります。
他の先生方は何らかの形で1年の時から関わっているので生徒もいう事をきくけれど
いきなり現れた私が注意したり何言っても聞く耳すら持ちません。。。
この前なんて逆切れされてどうしていいのか分からなくなりました。

Secret

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

リンク

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。